ごあいさつ

会長あいさつ

一般社団法人 奈良県鍼灸師会はおかげさまで平成29年に法人設立60周年を迎えました

aisatsu_pic
一般社団法人 奈良県鍼灸師会
会長 石田 善紀

 本会は、大正10年に初代水野教空会長を選出して発足し、昭和32年に第8代下本宏会長により社団法人を創設され、ここに55周年を迎えることができました。

 歴代の会長をはじめ多くの諸先輩のご尽力とご貢献に、改めて感謝申し上げる次第でございます。

 さて、ご承知のようにわが国の医療を取り巻く環境は世界に比類のない少子高齢化を迎え、その高齢化のピークと予測される2025年に向かって進みつつあり、また医療技術の高度化、医療サービスの多様化など大きく変化しています。

 鍼灸は、古くから国民に受けいれられた伝統医療として地域社会で国民の健康保持増進に大きく寄与してきました。今後も地域社会の要請にこたえるため更なる技術の向上と安全かつ安心な鍼灸の提供に取り組んでまいります。

 そして、還暦の60周年には、今まで以上に奈良県民の皆様に信頼され愛される会を目指して会員役員一同精進努力してまいりたく、皆様方のご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

沿革

 本会は大正10年に創立、昭和32年に社団法人 奈良県鍼灸師会として認可され、約90名の会員で運営しています。そして平成29年に法人設立60周年を迎え現在にいたっております。

 会員の資質・学術・技術の研鑚充実をはかり、社会への鍼灸の普及と県民の健康保持増進に寄与し、鍼灸師の社会的地位向上をはかることを目的とした県内唯一の鍼灸専門団体として活動しています。

 会の運営は理事・役員があたり、各支部の代表である支部長が会員の意見を理事会で反映させ協議を重ね、各部が積極的に活動を行っています。

 全国組織として公益社団法人 日本鍼灸師会があり、鍼灸師の法的身分の確立や、医療としての鍼灸の位置付け・保険運動の推進・各都道府県師会から選ばれた臨床指導者の育成等について活発な活動をしています。

 また、奈良県保険鍼灸マッサージ師協会を設立(平成9年2月)して保険業務の推進にも多大の貢献をしています。

奈良県鍼灸師会ロゴマーク


鍼治療のハリと、お灸治療のヨモギの葉をイメージしています。


PageTop